京都で、おすすめの温泉施設を紹介したいと、思います。

京都で、おすすめの温泉施設を紹介したいと思います。
京都市右京区にある、さがの温泉 天山の湯という施設は、内湯や露天風呂が楽しめる温泉施設です。
入浴料金は、大人1050円、子供500円ほどで、利用できたと思います。
お風呂の種類が豊富で、色々、楽しみながら入浴できる施設で、露天風呂の金閣の湯は、鉄分が多い、
お湯が注がれており、褐色のお湯で、お風呂上りもポカポカで、よく温まるお湯で、気持ちよかったです。
そのほかにも、ジェットバスの水圧が程よく気持ちよかったです。あと、銀閣の湯は、透明度の高いお湯で、
クセが無いお湯で、気持ちよく入浴できました。そのほかにも、寝湯や、水風呂、バイブラバス、サウナ
などもあり、それぞれ快適に利用できました。泉質は、塩化物泉だそうです。
温泉以外では、休憩所や、食事処、エステ、アカスリ、マッサージ器、マッサージなどもあり、温泉以外でも
色々楽しめる施設だと思います。
交通アクセスは、名神高速の京都南ICから一般道を通るルートが便利だと思います。

行政は「由らしむべし、知らしむべからず」なのですか。

近年、役人の不祥事が相次ぎ、行政の国民に対する姿勢が「由らしむべし、知らしむべからず」と言うようになっているように感じます。論語にあるこの言葉は、統治は可能でもその内容を理解してもらうのは困難であるという意味ですが、困難であることを良いことに隠蔽や改ざん、嘘をつくことをしても良いことにはなりません。官僚は、エリートですから国を自分達で思い通りに動かしているのでしょうが、このような不祥事が繰り返されますと、いかにも官僚の劣化が激しいのではと疑います。たとえば、さる事務次官が女性記者にしつこいセクハラ発言を繰り返していました。音声の確定証拠が出てきましたので免職になるでしょう。これが役人のトップ中のトップがやることでしょうか。国民の公僕たる自覚が欠如しています。下の役人も推して知るべきです。下のものは、承認喚問でも真実は言いませんでした。訴追の恐れで逃げましたが、どうやら不起訴処分になりそうですからうまくやったものです。知らしむべからず、つまり理解してもらうのは困難であるわけですから、国民へはより丁寧な説明が多く求められるべきでしょう。嘘や隠し立てはもう御免です。ベルタ酵素 販売店舗