高額耐久消費財を購入する際は現金派?ローン派?

家やマンションを買う時にはほとんどがローンを組むでしょうが,自動車や電化製品となるとローン派・現金派に分かれるようです。
現金派は買い替えのためにあらかじめ計画貯金をしている人も多いようで,利子が惜しいという考えの人もいるでしょう。
ローン派の人は手元にまとまった資金がない人や,超低金利だから借りても利子負担が少ないと考え,現金払いをする分を資金運用してローン金利以上の利息を得る方法を選ぶ人がいると思います。
例えば自動車を買う場合どちらがよいとは決められませんが,ローンを組む場合は支払い金利に注目して融資元を決めたほうがよいでしょう。
例え0.2%であろうと貸出金利差があれば支払総額がかなり変わってきます。
従来は自分が口座を作っている金融機関でローンを組んだものですが,昨今は金融機関でも競争が激しく低金利を打ち出しているところもあるので,比較して検討する事が大切でしょう。
意外に自動車ディーラーのローンが安い場合もあるので,候補に上げたいものです。