近くのトンネルが開通すると聞いて月日の経つはやさに驚いている私

いつから工事が始まっていたのでしょうか。高速道路が近くを通ると聞いたのは勤めていた時のことなので、30年位前だったでしょうか。「ほんとにできるのかな」と思ったことを覚えています。
あれから30年、少しづつ通れる区間が増えていました。
いつも感心するのは橋と橋がつながることです。別々の所で造られている道路が空中でつながるのです。当たり前のことなのでしょうがすごいと思うのです。初めて通るときはどきどきします。この道を造った人はどんなにかうれしいだろうと思います。ずれたりしないのでしょうか?誰もそんな疑問は持たないのでしょうか。
少しずつ出来上がっていく度に時間が短縮されていきます。ありがたいことです。
今度、できあがるのはいよいよトンネルです。最後の一瞬をどのように迎えるのか想像するだけでわくわくします。この高速道路が出来上がっても走れないだろうと思っていましたが、意外にはやく出来上がりそうで楽しみです。
今から30年はとても生きていられないと思いますが、過ぎてしまった30年はあっという間だった気がします。改めて月日の経つのははやいものだと感じています。http://www.protoexpress.co/kakaku.html