最近、ママ友の間で話題のひんやり食材を使った料理について

 夏になると、水分の多い野菜やひんやりした食材を好むようになります。豆腐やところてんは、そのままでもお皿にうつしてトッピングすれば、あっという間におかずの一品になります。
 冷ややっこは、上におかか、刻みおくらやねぎ、ときにはしらずをのせることもあります。上から醤油をかければ、口当たりもよく、食べやすいです。ところてんは、商品に付いている黒酢をかければ、おかずになり、甘味ソースをかければおやつになります。スーパーでは、もともと細く切ってあり、すぐに食べられるところてんが多いのですが、百貨店にいけば、お中元の商品としても有名な突き出し型のところてんもあります。付属のソースも、お洒落なものが出ているので、随分と楽しめます。
 水分の多いトマトやきゅうりは、生のままでも十分美味しいですが、トマトはスギ花粉の方が口の中が痛くなるようで、火を通してから食べているそうです。イタリアンでおなじみのトマトのパスタソースは、トマトの種類によっても触感がかわるようです。主婦の間では、もっぱらトマト缶が安くて人気です。アコム 即日融資 夜