ついに来た。「なんで なんで」星人到来です

三男坊が3歳になり、やっと言葉を話し始めました。家の子たちは、言葉の成長がゆっくりだったので何も心配はしていませんでした。話しだしたら、色々なことを伝えたり、大人や兄弟、友達とのやり取りも今まで以上に楽しそうです。 
 そして、上の子たちにはかった「なんで?」「なんで?」が始まりました。答えの見えない「なんで?」に我が家もとうとう来たかーと夫婦で苦笑いしています。が、上の子たちにはなかった分、とっても楽しいです。 先日4男坊が中耳炎治療のため、耳鼻科に行きました。車の中で三男坊が「なんで びょーいん」私は「お耳が痛いから」  「なんで?」  「治してもらうんだよ」「なんで?」「夜痛くて寝れないから」「なんで?」「ママも寝たいから」「なんで?」 
 ってずーっと病院に着くまでやっています。 
 「なんで?」にきっと答えなんてないんだろうなって思いながら、私もたくさんの言葉でどれだけ伝えられるか、ためさらているんじゃないかとも思っています。 
 いつまで続くのか、このなんでなんで星人とのやりとりを楽しく過ごしていきたいです。